読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shanon's note

プログラミングとアニメがすき

Go合宿2017@ 土善旅館に参加しました #golangjp

Go言語のプログラミング合宿に参加してきました。

go-beginners.connpass.com

f:id:shanonim:20170423231450j:plain

なぜ参加したのか

普段触れる機会の少ないサーバーサイド言語を勉強するという目的で参加しました。仕事ではAndroidアプリ開発にフルコミットしているので、サーバーサイドの知識はほとんどと言っていいほど持っていません。とはいえ、今後必要になる機会は少なからずあるだろうし、クライアントサイドの実装をする上でサーバーサイドも分かるメリットは大きいと日頃から感じていました。(API周りの設計知識とか欲しい。)
サーバーサイド言語の中でもGo言語は前々から気にはなっていたのですが、始めるきっかけ掴めず・・・そこでちょうど合宿開催の話を聞いたので、この機会にチャレンジしてみようと思った次第です。

合宿場所

千葉県の土善旅館に行きました。
土善旅館[弓道合宿・開発合宿]

f:id:shanonim:20170423214234p:plain

エンジニア界隈ではおなじみの開発合宿御用達の旅館です。今回初めて行くことができました。 東京からだと、片道2時間半〜3時間くらいです。結構遠い。

参加費

1泊2食付き・開発合宿用の大部屋レンタル料金・合宿中のアルコールとお菓子込で一人13,000円でした。安い!😳

スケジュール

1日目は14時過ぎに宿に到着して、19時まで開発→夜ご飯を食べて、その後は眠くなるまでひたすら開発、
2日目は8時に朝ご飯→11時まで開発してLT大会、14時くらいに宿チェックアウトでした。

実際に開発作業していた時間は、合計で13時間くらいでした。就寝時間によって個人差があったと思います。

  • (1日目) 15:00-19:00, 21:30-28:30: 11h
  • (2日目) 9:00-11:00: 2h

雰囲気

終始和やかでありつつ適度なワイワイがあり、楽しい雰囲気だったと思います。Go言語初心者向けのチュートリアル講義があったり、参加者同士のQ&Aがあったり、作業自体はそれぞれの個人活動でしたが、技術的な会話や交流が盛んで良い感じでした。

f:id:shanonim:20170423224540p:plain ↑合宿中のたのしい様子を応用して作ったWantedlyコラ画像

あとこれも合宿ならではですが、作業中は基本的にずっとお酒を飲んでいました。困ったら乾杯。バグったら乾杯。ビルド成功したら乾杯。デプロイしたら乾杯。🍻🍻🍻

f:id:shanonim:20170423231934j:plain

適度なアルコール摂取は作業効率アップに良い効果があるので(個人調べ)、たまにはアルコール駆動開発もいいかもしれません。

土善旅館の最高ポイント

「開発合宿に適した旅館」と言われても正直ピンときてなかったのですが、実際に行ってみてわかった最高ポイントがいくつかあります。

f:id:shanonim:20170423233711j:plain

WiFi環境が最高すぎる

とにかくWiFiが速い。

f:id:shanonim:20170423220435p:plain

これ、1日目の作業開始直後くらいに測ったやつですが、都内の光回線と遜色ありません。むしろ土善旅館の方が速いのでは・・・。
参加者30名弱で同時接続してこの速度なので、ネットワーク環境は盤石と言えるでしょう。しかもこのWiFi、旅館内のどこからでも繋がります。便利すぎる。

ひとをダメにするクッション

f:id:shanonim:20170423221247p:plain

yogibo.jp

超絶快適に作業できるんですが、快適すぎて眠くなるので危険アイテムでした。自宅にほしい・・・。

各種備品

外部ディスプレイやMac用の変換ケーブル、電源タップなどはすべて旅館からレンタルできました。ホワイトボードも借りれるので、地味に便利。

24時間使える温泉

館内の温泉は清掃時以外、基本的に24時間使用可能でした。開発に疲れたら湯に浸かっていつでもリフレッシュできます。

かわいい!!!!!!!!!!!!!!!!11

成果

個人アプリのサーバサイド開発をやりました。
具体的には、

  • Go言語の基本を覚える(文法・開発方法・一般的なlibraryについて)
  • 開発環境を整える(今回はIntelliJ CEにGolangPluginを入れて使いました。)
  • APIサーバ構築に必要なlibraryを使ってみる
  • 実際に個人サービスのAPIモックを作ってみる

という順番で作業しました。

反省

事前にTODOをまとめて合宿に臨んだのですが、計画していたほど進捗できなかったのが心残りです。 f:id:shanonim:20170423223516p:plain

A Tour of Goなど、基本的なチュートリアルを事前に習得して参加しておけばもっと開発速度上げられたなぁという反省があります。

まとめ

知識まっさらな状態からの参加でしたが、週末2日間でかなりの経験値を得ることができました。勉強せざるを得ない環境にあえて身を置くのも、たまにはいいですね☺
あと、Go玄人勢のGolang愛がすごかったので、ぼくもそれにあてられてGopherくんが好きになりました。

f:id:shanonim:20170423232914j:plain

この合宿で得たスタートダッシュを活かして、引き続きGo言語やっていきたいと思います。

@合宿参加者のみなさま
2日間ありがとうございました!また勉強会や次の合宿(!)でお会いしましょう🍺

おまけ

旅館の美味しいご飯